≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


♪ 8月はこの15枚(一部2枚組・2枚セット・5枚組あり)
2011-08-28-000.jpg
また今月も消化不良気味になるほど買ってしまいましたとさ (汗)

▼続きを読む▼

【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【】
おはようございます
ドミノズのそれは今はリマスター盤が500円にあるんですね、ちょっと驚きました。
私はKeep On Growin'と最後のThorn Tree...が特に好きです。
ブレッドは私もこの5枚組持ってます、輸入盤ですが。
ブレッドはベスト盤だけ持ってましたがこれを買ってアルバムとして初めて聴いて思ったのは「アクや毒を抜いたポール・マッカートニーみたいだ」。
曲はいいんだけど私にはそこが物足りなくてさらっと流れていく感じがしました。
ポップスとしてはいいけどロック的な魅力が薄いというか、あくまでも私が感じたことですあしからず・・・
他に持っているのはロバート・ジョンソン(私のは国内盤)、もちろんS&G、スタイル・カウンシルです。
ブライアン・セッツァーは実は聴いたことがないのでそろそろ考えたいです、もちろんブックオフで見つけたら(笑)。

ちなみに私は9月10日現在で134枚(組)です。
【>*****】
こんちは!
山を自粛しているので必然的に家で過ごすことが多くなり
・・となると当然CDをポチする機会が増えるわけです
買ったCDをすべてブログにアップするのでもう大変
ほな買わんかったらええやん?というツッコミはナシよ

お陰様で膝は順調に回復しております
昨日我慢できなくなって近くの里山を歩いてきましたが
4ヶ月のブランクは予想以上に大きく、ヘロヘロでした
また金剛山でヤキソバ食べましょねー
【>guitarbirdさん】
こんちは!
ブックオフもじっくり探せば掘り出し物ありますね
>私はKeep On Growin'と最後のThorn Tree...が特に好き
Keep On Growin'はこれぞサザン・ロックといった感じですよね
Thorn Tree・・はまた対照的にしっとりしていて

ブレッドは確かにロックぽくないですね
でも地味ながらもそこに職人芸が感じられるんですよ

>ブライアン・セッツァーは実は聴いたことがない
おや、それは意外でした
あんまり聴いていない私が言うのもなんですが
ギターがめっちゃウマイですよー
ギターを弾かれるguitarbirdさんなら尚更
好きになるんじゃないでしょうか

私は今日の時点で118枚(タイトル)です
2枚セットや5枚組も全て1枚としてカウントしています
やっぱかなり差がついてきましたねー、頑張らなくっちゃ(笑)
【】
こぬばぬわぬ!

>デレク&ドミノス<レイラ>
私も持ってません、アナログならありますが

>ピーター・シンコッティの<EAST OF ANGEL TOWN>
なんか顔もデヴィッド・フォスターに似てるような(^^;)
他の曲も聴いてみましたが「Goodbye Philadelphia」とか
いい曲ありますね、けっこう売れてるんですか?
ちょっと曲が男前過ぎるキライはあります、
ずっと聴いてるとこそばいもんがありますが...、でも欲しい

>ブライアン・セッツァーの<Nitro Burnin Funny Daddy>
私はストレイ・キャッツは持っているんですけど、もちろん
アナログですが、オーケストラになって大仰過ぎてあんまり
聴いてません、見掛けによらず(?)きっちりとした音の
ギターを弾ける人ですね

>スタイル・カウンシルの<OUR FAVOURITE SHOP>
私はこの辺が1番リアルタイムですタカン

>エタ・ジェイムズの<MATRIARCHI OF THE BLUES>
顔はとっても怖いけど歌はとってもウマイ
朝青龍似のおばちゃんとしか認識してませんか?
歌のうまさも横綱級ですね(うまくまとめたつもり)

>ロバート・ジョンソンの<THE COMPLETE RECORDINGS>
仰る通りです、資料ですね、並のギター弾きからしたら
チューニングがワケわからなくて参考になりません、
ああ、すごいなぁ~、で終わるアルバムですね(^^;)

>ポコのライヴ・アルバム<THE VERY BEST OF POCO LIVE>
ジャケットがなんかちょっと.....、珍なポコのアルバム、
略して.....(出て行け!)

>S&G
言わずもがなですねー

>ブレッド
>「こいつの声はブレッドによく似てるなぁ」と
笑いました(^▽^)

「If」はいいけどちょっと聴き過ぎて食傷気味ですね、
私は「Baby I'm-a Want You」が今はスキー、
あえて「Guitar Man」をはずして「Aubrey」を
選曲するなんてニクイニクイ(誰だよ)

>ファニア・オール・スターズ
サルサですか、さすがいいリズムですなー、
安い!買っちゃおうかな(^^)

>ゴスペル
ワタチはまだ手を出しません
でもディクシー・ハミングバーズは
聴きやすかったです


と言うわけで3枚、ピーター・シコシコッティ(ヤラシ)、
Ray Wylie Hubbard、ファニア・オール・スターズが
買いたいリスト入りでーす
【】
今月も怒涛の大人買いが続いてますか?

ロバートジョンソンのジャケ渋っ!

>自分は本当はブルーズが好きじゃないんだと判らせてくれる

むっ、無理して買わなくても(´・ ω・`)

>ポール・サイモンのライヴを買ってからゴスペル・グループが

このきっかけは素晴らしいですね~、ゴスペル!たまにはいいのですが
1枚丸々聴くと飽きてきますか?

おみ足、いかがですか
秋には歩けそうです?でも、大峰も台高も、歩けるところ探すのが
難しいような状況、悲しいです
もちろん直接の被害を受けた方には比べ物になりませんが・・・。
【>jesse-edさん】
こんばんハ!
>ピーター・シンコッティ
私の好みでは前作<オン・ザ・ムーン>の方をオススメします
「Some Kind Of Wonderful」や「Up On The Roof」のカバーが
良かったし「St.Louis Blues」のアレンジも斬新でしたから

>ブライアン・セッツァー
まさかカントリーまで演るとは思いもしませんでした
カッコいいギター弾きますよねー

>スタカン
まったく聴かずに通り過ぎて来た方達です
へ?すたかんでシネ?ナマってるねー

>エタ・ジェイムス
ホンマに顔こわいですよねー
ホラー系の顔してます

>ブレッド
聴く順番が無茶苦茶なのでよくこんなことがあるんですよ

>ファニア・オール・スターズ
これは自信を持ってオススメできます、無くなる前にポチを

>ゴスペル
はい、3枚の中ではディクシー・ハミングバーズが
一番カッコ良かったっす
Ray Wylie Hubbardもアルバムがまとまっていて良かたですばい
頑張ってシンコシンコしてね(なんのこっちゃ)
【>スロトレさん】
まいどです!
山に行けないとCDの枚数が増えるばかり・・

>ロバ・ジョン
>むっ、無理して買わなくても
仰る通りなんですが、聴かないけど持っときたいという
コレクターに近い気持ちが働くわけです

>ゴスペル!たまにはいいのですが 1枚丸々聴くと飽きてきます
ううっ、返す言葉がごじゃりません
1曲だけ聴くなら最高ですけどね

>おみ足、いかがですか
ありがとうございます、お陰様で近くの里山を
歩けるぐらいまで復活することができました
大峰や台高、南紀の山の被害は甚大みたいですね
スロトレさんの掲示板の写真見てビックリしました
まぁ私はまだまだ近くの里山に登ってボチボチ
馴らしていこうと思っております
【びっくり】
こんばんは
まさかこちらで、スタイルカウンシルに会える日がこようとは(笑)
ポール・ウェラーファンなのですが、それを差し引いてもこのアルバムは大好きで、ほんとうに良く聴いていましたよ。
11月にSHM盤が出るので、わたしはそれを買いなおそうかな?と悩んでいたところです。
【>harryさん】
こんばんは!
>まさかこちらで、スタイルカウンシルに会える日がこようとは
はい、ブックオフ様さまですね、500円じゃなきゃ
買おうとしなかったと思います
私自身スタイル・カウンシルを聴くようになるなんて意外です
吉幾三じゃないけどポール・ウェラーは何者だ?でしたから(笑)
【】
再びお邪魔します。
自分でも、どうしてblueeyedsoulさんが
スタイルカウンシルを聴かないって思ったのかな?と、
改めて不思議になりました(笑)。
わたしはジャムからのファンで、スタイルカウンシルに流れたことも
違和感がなかったのですけれど、blueeyedsoulさんはその頃、
スタイルカウンシルってどういう印象でしたか?
中途半端に気取ってる感じでしょうか・・・?(笑)
音的にはあいませんでしたか?
率直なお話を聞かせてください(笑)。
【>harryさん】
こんばんは!
私の言葉足らずで申し訳ないです
80年代のシンセ・サウンドに嫌気がさしていたので
スタイル・カウンシルもどうせありきたりの・・・と思って
聴かず嫌いだったんですよ
で、カスを掴むの覚悟で<カフェ・ブリュ>を買ってみたら
ジャズっぽいのやらソウルっぽいのやらいろんな音が詰まっている
私の好きな路線で余裕でストライクでした
もっと早くから聴けば良かった・・と思いましたが
いろんな音楽を聴いてきたからこそスタイル・カウンシルの
良さがわかるのかもしれない・・・とも思ったりして
ホント音楽って深いですよねー
【】
あ、いえいえ、こちらこそ言葉が足りなくてすみません。
わたしはウェラーが大好きだったので、
スタイルカウンシルになってからも違和感を感じなかったのですが、
そういう事情がない人で、あの時代に音楽をしっかり聴いていた人の間では、
スタイルカウンシルってどういう位置づけだったんだろうって・・・。
単純に知りたかっただけなのです。
いろいろ教えてくださってありがとうございました(^▽^)ノ
【>harryさん】
こんちばんわ!
この時間帯だとどっちで挨拶していいのか迷いますわー(笑)
>わたしはウェラーが大好きだった
私はジャムも聴いたことが無いので本当に
ポール・ウェラーを知らなかったんですよ
スタイル・カウンシルで初めて知ったわけで・・
手当たり次第で広く浅く、すっごく適当なんですか?(イヤ訊かれても)
この記事へコメントする















blueeyedsoul

Author:blueeyedsoul
 <HN>
 blueeyedsoul
白人によるソウル・R&Bを
ブルーアイド・ソウルと呼びます。
音楽の中で一番好きなので
この名前にしました。
  <年齢>
 1959年2月生まれ
 <居住地>
 和歌山県在住
 <パソコン歴>
 約10年
OSはWindows XPを使用
 <山歩き歴>
 約10年(低山ばかりです)

みんなのプロフィールSP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。